PC研修会でホームページの勉強は3度目?かと思います。1度目(2007年7月)は先生のお話しに付いて行くのが精一杯。言われるまま、ぺーじを作りました。必死でした。自分ながら素敵なホームページが出来ました。出来過ぎです。しかし、新しく写真を追加しても自分一人では更新できません。欲張って難しい事を取り入れすぎて、どうして良いのか解らない状態でした。なので私のホームページは5年近く更新する事もなくそのままでした。講習会などで紹介して頂く時は恥ずかしくてつい、下をむいてしまいました。今回こそは、自分で更新出来、少しづつ充実したホームページにして行きたいと思っています。皆様に教えて頂きながら頑張ります。先生・PC研修会の皆様よろしくお願いします。
「写真のぺーじ」では、心に残った場所や出掛けた所や旅行先で写した写真を紹介しています。
  • 「小さな植物園」では、狭い自宅の庭で毎年芽を出し、花を付けて、楽しませてくれる花々を季節ごとに紹介したいと思っています。植木鉢やプランターで頑張っています。少ない土や水で精一杯綺麗な花を咲かせています。写真家の腕はご免なさい。一番良い姿をカメラに収めたいと思うのですがなかなか。思うようにいきません。ボケたのも有るかと思いますが、ご勘弁下さい。
  • 「手作りの部屋」では、先生のお陰で出来た作品やお友達の手作りの作品を紹介しています。
  • 「レシピ集」では、教えて頂いて作ってみて、また作りたいと思ったレシピを載せました。
    「にこにこルーム」では、河内長野市シルバー人材センターの一室でお子様の一時預かりをしています。その部屋の紹介やメンバーの活動を紹介しています。
  • 「ふくろう」は縁起が良いと教えて頂き集めるようになりました。私が集めていると知って、お友達や娘、孫も協力してくれます。(フクロウが縁起が良いと言われる理由)(〕茲蹐Α福が来る∧]掘不老長寿I垓賚:苦労知らずほ罎360度見渡せることから:見通しがきくので「首が回る(お金に困らない)と言われます。
  • 紹介し忘れたふくろうさんが有りました。「ふくろうさん2」で紹介します。外国のフクロウさんもあります。

■平成27年5月に岡山吉備路へ行く「ベンガラの町吹屋と吉備路」のツアーに参加しました。今回は吉備路一面に広がるレンゲの花を見たくて参加しました。新幹線「こだま737号」で福山まで行き、福山でバスに乗り換えました。先ずは「帝釈峡」、時間の都合でしょう帝釈川に沿って「雄橋(おんばし)」迄の2時間ほどの散策です。途中には石灰岩が水の浸食によって出来た、鍾乳洞の白雲洞・鬼の唐門が見事に保存されていました。宿泊は標高600Mの高原に建つ、「神石(じんせき)高原ホテル」。一万坪を誇る日本庭園「東林苑」が有ります。次の日の早朝、ホテルの部屋から目の前に広がる山々に掛かる雲海のような雲に感激しました。素晴らしい風景でした。朝食の前に日本庭園を散策しました。2日目予定のベンガラの町吹屋の町並みに入りました。銅山とローハ(ベンガラの原料)で巨大な富を築いた大庄屋の「広兼邸」の見学。広兼邸は映画「八つ墓村」のロケが行われたそうです。2012年3月末迄現役の日本最古の木造校舎の「旧吹屋小学校」を遠くから見ました。赤銅色の石州瓦とベンガラ色の外観で統一された「ベンガラ吹屋の町並み」を散策。いよいよ、吉備路です。参加時期が遅くて、田植えが始まっていて、レンゲは見ることは出来ませんでした。最後は桃太郎伝説のモデルで知られている「吉備津神社」へ参拝しました。

■平成27年1月に2泊3日で新大阪から山陽・九州新幹線「さくら」で薩摩へ行くツアー「ほっこり湯ったり薩摩3日間」に参加しました。開聞岳をバックに菜の花畑を見るのが今回の目的です。行きの車中では思わぬサプライズが有りました。「くまもん」が乗ってきました。みんな驚き、喜びました。撮影会です。握手もしました。5時間ほどで川内到着。バスに乗り換えて、天然記念物に指定されている日本一の大楠の大木のある「蒲生八幡神社」、壺畑で育てられている福山産「坂元のくろず」の会社へ。整然と並べられている壺畑には圧倒されました。1泊目は霧島温泉郷「天降川(あもりがわ)温泉」に宿泊。ホテルの正面には桜島が見えました。墳煙が上がっていました。ぐっすり寝てしまった私は気が付かなかったのですが、夜中にも何度か爆発が有ったそうです。2日目は火山灰の積もっている道路を走り桜島にも入りました。知覧武家屋敷知覧特攻平和会館へ。宿泊は「指宿温泉」です。その前に開聞岳を望むJR最南端の駅、西大山駅へ。黄色のポストもありました。ホームに上がり、開聞岳と菜の花畑の風景を見ることができました。ホテルに入り、砂風呂に。最終日は篤姫のふる里を散策。今泉家は小学校の校庭になっていました。帰りも新幹線貸切「さくら」で新大阪へ。

■平成26年9月に一泊で元倉敷紡績の工場の建物を利用して再建された「倉敷アイビースクエアに泊まり倉敷美観地区を散策」のツアーに参加しました。参加する予定の少し前にホテルがテレビで紹介されていたので、希望者が多く、キャンセル待ちでした。ホテルの建物の壁は名前のとおりつたにおおわれていました。美観地区はガイドさんの案内で回りました。なまこ壁の建物をはじめ重要文化財の大原邸、別邸の有隣荘、ホテルと大原美術館にある「モネの睡蓮」、結婚式も出来る素敵な日本庭園の新渓園など案内して頂きました。次の日は月曜日で主な美術館や見学出来る建物がほとんど休み。夕方5時までの2時間で出来るだけ見て回りました。大原美術館児島虎次郎記念館。次の日は朝一番にクラボウ記念館に。13時の出発まで美観地区を歩きました。帰りに鷲羽山の展望台へ寄りました。私は瀬戸大橋が工事中の時に来ています。調子の良くなかったカメラが鷲羽山で壊れてしまいました。美しい瀬戸内海の写真を撮影出来なかったのが残念でした。

■平成26年5月18日(日)、河内長野市内のだんじり24台が集まり、河内長野市市制施行60周年記念祝賀地車パレードが行われました。パレードは市役所からスタートし、河内長野の駅前の商店街を通り、行者堂付近で解散というコースでした。私は駅前の陸橋の上から、ラブリーホールの方から来る地車を待ちました。大勢のカメラマンが立派なカメラやデジカメ、携帯電話で待ち構えていました。最後の難所、商店街の入口の急カーブでは、苦労されていた地車さんも有りました。でも、気力で頑張って居られる皆様に感心し、元気を頂きました。躍動感のある写真は撮れませんでしたが、24基の撮影が出来たはずでしたが、編集し、保存の時に千代田石坂の画像が2枚有ると勘違いして削除してしまいました。何処にも残っていません。本当に残念で悔しいです。最後まで頑張って居られた千代田石坂の地区の方に申し訳なく思っています。



2015/07/23
「ベンガラの町吹屋と吉備路]の紹介
2015/07/21
「ほっこり湯ったり薩摩」の紹介
2015/06/28
「倉敷アイビースクエアと倉敷美観地区」の紹介
2014/05/18
河内長野市市制施行60周年記念祝賀地車紹介
2014/02/16
宇奈月温泉・黒部トロッコ電車の紹介
2014/02/10
須磨離宮公園と南京町の紹介
2013/10/25
全国の天気予報図掲載
2013/07/31
白馬・栂池自然園の紹介
2013/07/10
大阪「舞洲ゆり園」の紹介
2013/06/21
富田林「寺内町雛めぐり」の紹介
2012/06/26
にこにこルームの紹介
2012/06/20
手作りの部屋公開
2012/06/
09
ふくろうさん紹介
2012/05/05
レシピ集開設
2012/05/05
小さな植物園開館
2012/04/23
ホームページを公開

■■↑ ページの上部へ



お気に入りの写真です

我が家の戸袋で親鳥を待つ
ムクドリの雛鳥


細かい細工のクリスタルグラス
  • 太陽電池で夜は光ります
  • 大好きなエビネ蘭
  • 今年は一鉢に5本も花が付きました



無料カウンター